FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィラリアについて

フィラリア=犬糸状虫です。

そして、ゼン虫類>線虫類>犬糸状虫、猫糸状虫という感じで

右に行くほど細分化されていきます。

犬糸状虫

乳白色で細長い

雄17cm 雌27cm

卵胎生で1期幼虫を産出する ←卵は腹の中

1期幼虫はミクロフィラリアとよばれる ←この子が血中を回り、蚊に血と共に吸血される。そして他の犬へ・・

ミクロフィラリアは夜間定期出現性で血中に現れる ←昼間は隠れて、夜にたくさん現れる

ミクロフィラリアは5月から増加し7月から9月がピーク

9月下旬から減少、11月から2月がもっとも少ない

脱皮を繰り返し5期幼虫にまでなる。その後成虫に。

宿主はイヌ科、ネコ科、イタチ科、時にはウサギ、ヒトからも検出

寄生部位は肺動脈と右心室 ←心臓右手側の下の部屋            

中間宿主はイエカ属、ヤブカ属などの蚊

分布は熱帯から温帯まで、日本は全国的

病状は

咳、食欲不振、被毛不良、貧血、失神、黄疸、呼吸困難 ←心臓にフィラリアがたくさん付いて起こる

目の混濁、精神異常、運動障害、けいれん ←幼虫が脳や目に侵入した場合に起こる

治療は

外科的に心臓からフィラリアを取り除く

内科的にはヒ素剤であるメラルソミン二塩酸を使う

予防 ←これが一番大事

マクロライド系の抗生物質のイベルメクチン、ミルベマイシンオキシムなどなど


とりあえずこんなとこです。

簡略化してもこれだけの量があるのが辛い。

とにかくペットに違和感を感じたら動物病院で見せてください。

それが一番確実です!!

寄生虫のひみつ

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

FC2ブログジャンキー

プロフィール

mushi34

Author:mushi34
落ちこぼれ現役獣医学科生です(^^;
間違いもあるかもしれませんが
頑張ってみなさんと共に勉強していきたいと思っています!
あたたかく見守ってやってください(笑)

リンク、ブロ友大募集中☆
自由にどうぞ!!

おすすめ!!!
最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
気が向いたらどうぞ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。